2004.02.29 Sunday

アリ日記02/29

ケースの底に到達したので、そっから真横に掘り進んでいる。
日本の販売代理店の販売ページには以下のような文章がかかげられている。

私たちも新しい家に引越しをするとワクワクするように、アントクアリウムに来たばかりのアリたちはとても活発に動き回ります。
しばらくすると、ミーティングをして、「どんな家にするか」を決めた後、チームワークで穴を掘り始め、アントクアリウムでの生活がスタートします。


あきらかに「どんな家にするか」は決めてない気がします。なにしろ「壁に当たったら壁ぞいに曲がる」というだけのことをしているだけです。(w

というかこれは「家を作っている」というよりは「脱出口を探している」ようにしか見えないんですが気のせいですか?!(゚Д゚;)

チームワークで、というのもちょっと疑問です。
掘ってるのは1〜2匹で、他は
・休んでいる
・なんらかのコミュニケーションをとっている(触角を接触させてなにかしている)
・出口を探している

これはチームワークなのでしょうか?(w;
もしこれをローテーションでやってるならそれはそれはすばらしいチームワークなのですが、残念なことに固体の識別はまず間違いなく不可能です



途中もちょっとずつ拡張してるようです。
1/1